お役立ち情報から普通のネタまでゆる~くお届け!おとくケータイ.netコラム

【最新版】ソフトバンク公式と代理店のキャッシュバックキャンペーンを比較!

MNP

ソフトバンク

キャッシュバック

このエントリーをはてなブックマークに追加

他社からソフトバンクに乗り換えるのに、ソフトバンク公式と代理店のキャッシュバックキャンペーンではどちらを利用するのがお得なのか知っていますか?

スマホを買い換えたい時、同じキャリアで機種変更するよりも他社に乗り換えて端末を購入した方がキャンペーンを利用できる分だけお得なのは有名な話ですよね。ところが、ソフトバンク公式と代理店を比較すると、【代理店】の方がお得になるのは意外と知られていません。

ソフトバンク公式のキャッシュバックキャンペーン!

2018年12月現在、ソフトバンクでは「ソフトバンクスマホ契約キャンペーン」として新規契約、乗り換えのユーザーを対象に現金11,000円または期間限定Tポイントを11,000ポイント還元するキャンペーンを実施しています。

「ソフトバンクスマホ契約キャンペーン」

キャンペーンの内容は契約の時期により異なり、2019年4月1日以降はTポイントではなくキャッシュレス決済サービスの「PayPay(ペイペイ)」残高11,000円相当が貰えるようです。

【キャンペーンの参加方法】

「ソフトバンクスマホ契約キャンペーン」に参加して、キャッシュバックを受け取るには事前に上記のURLにアクセスし、「クーポン」を取得する必要があります。

  • クーポンの取得&契約の準備(クーポンの有効期限は取得してから翌々月末日まで)
  • 任意の店舗にてソフトバンクへの乗り換え時にクーポンを提示
  • 「Yahoo!ウォレット」に銀行口座を登録し、受け取りの準備を行う
  • 契約月の翌々月末日にキャッシュバックが振り込まれる

他にも、ソフトバンク公式では乗り換え時にドコモ、auで使っていたスマホを下取りに出すことで新しく購入した端末の代金を割り引く「下取りプログラム(のりかえ)」を実施しています。厳密に言うとキャッシュバックキャンペーンではありませんが、端末代金が割り引かれるので実質的にはキャッシュバックの一種と考えて良いでしょう。

「下取りプログラム(のりかえ)」

iPhone Xなら54,000円、iPhone 8なら23,760円、iPhone 6sなら13,680円(いずれも本体の状態に問題がない場合)とそれなりの金額が割り引かれますが、手元から端末が無くなるのでキャッシュバックとしては微妙なところかもしれません。

代理店のキャッシュバックキャンペーンは店舗によって大きく異なります

ソフトバンク公式と違い、代理店は店舗独自のキャッシュバックキャンペーンを提供できるので内容に大きな差が出ます。事前に下調べせず、何となく最寄りの代理店でソフトバンクに乗り換えたらキャッシュバックが1円も無かった!というケースも珍しくありません。

一方、ウェブ専門の代理店には現在も50,000円クラスのキャッシュバックを維持している店舗があり、ソフトバンクに乗り換えるならこういった代理店を狙いたいものです。同じ代理店での契約なのに、どうしてキャッシュバックの金額に0~50,000円と大きな差があるのでしょうか?

その理由は、代理店が行っているキャッシュバックキャンペーンの原資はキャリアからの「販売奨励金」だからです。

「販売奨励金」とは、代理店が顧客(ユーザー)をキャリアに紹介することによって得られるインセンティブで、代理店のキャッシュバックキャンペーンは「販売奨励金」の一部をユーザーに還元するという形で成り立っています。代理店が店舗の利益を優先すればユーザーに回るキャッシュバックはゼロに近くなりますし、人件費や広告費が抑えられるウェブ専門の代理店であれば50,000円クラスの現金還元も可能なのです。

申し込み方法(乗り換え)キャッシュバック金額
一般的な代理店(ソフトバンクショップ)0~30,000円(オプション契約時)
ソフトバンクオンラインショップ0~20,000円
家電量販店5,000~20,000円
ウェブ専門の代理店(オススメ!)50,000円以上のキャッシュバックも可能

上記の表を見れば、ソフトバンクに乗り換えるならウェブ専門の代理店がオススメなのは一目瞭然なのではないでしょうか?次に、ソフトバンク公式代理店である当サイトのオススメポイントをご紹介しますので参考にしてみてくださいね

  • 特徴:ウェブだけで手続きを完結させられるほか、電話でのサポートを受けられるので初心者の方にも安心。キャッシュバックまでの期間は契約が月前半か月後半化で変わる。だいたい半月~1月半。
  • キャッシュバック金額:最大50,000~70,000円
代理店のキャッシュバックキャンペーンは今後規制されるかも?

ソフトバンクの乗り換えで高額なキャッシュバックをゲットしたい!というユーザーにとって一つ、気になるニュースがあります。

総務省は2014年春ごろからキャリアのスマホ安売りを規制する動きを度々見せていました。そして2018年11月、総務省はとうとう代理店によるスマホの安売りや広告を規制する方向で検討に入り、今後はウェブ専門の代理店も高額なキャッシュバックが禁じられる可能性があります。

これまでキャリアも「販売奨励金」を代理店に渡し、代理店がユーザーにキャッシュバックするという形でスマホの安売りを続けていましたが今後はそれも出来なくなる見通しです。今後、キャリアがどういった動向に出るか注目ですが、今までのように「代理店を利用すればお得に乗り換えられる」という形が変わるかもしれません。

今ならまだ間に合いますので、ソフトバンクへの乗り換えを検討中の方はお早めに手続きをしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■注意事項
【おとくケータイキャンペーン】は、日本企業開発支援株式会社運営の当サイト限定キャンペーンです。
【ソフトバンク公式キャンペーン/割引プラン】 に関しまして、詳細事項や最新情報は「ソフトバンク公式ホームページ」にてご確認ください。
■免責事項
当サイトの掲載内容には万全を期しておりますが、当サイトに関するすべての事項について、新規性、正確性、機能性、安全性等に関し、一切の保証をいたしかねます。
■SoftBankおよび ソフトバンク の名称、ロゴは日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。

プライバシーマーク制度
個人情報保護方針について
日本企業開発支援株式会社はプライバシーマークを取得しています。
トップへ戻る