お役立ち情報から普通のネタまでゆる~くお届け!おとくケータイ.netコラム

機種変更とMNPなら、やっぱり機種変更がいい!? MNPのデメリットとは

MNP

機種変更

キャッシュバック

ソフトバンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホを買い替えようと思った時「機種変更とMNP、どちらにしようか」と考える人が増えています。

電話番号は変わらず契約するキャリアだけを変えるMNP(番号ポータビリティサービス)が一般的になり、MNPだとキャッシュバックがもらえるという看板や張り紙を見かけたことがある人もいるでしょう。

「MNPのほうがお得そう、世の中の流れは機種変更ではなくてMNPになっている?」と興味を惹かれますよね。

けれど、MNPは本当にメリットばかりなのか疑わしいという気持ちもあるのではないでしょうか。

機種変更とMNP、本当はどちらがお得でオススメなのかをフラットな視点で考えてみましょう。

MNPのデメリットその1 MNPは手数料が高い

とてもお得な印象があるMNPですが、手数料は機種変更の約2倍かかります。

機種変更の場合、契約しているキャリアに事務手数料3,000円(税抜、各社共通)を支払えば良いだけですが、MNPはこれまで利用していたキャリアと乗り換えるキャリア、両方に事務手数料を支払わなければいけないのです。

料金はキャリアごとに違い、以下の通りです。

キャリア解約するキャリア乗り換えるキャリア
docomo2,000円3,000円
au3,000円3,000円
これまでためたポイント3,000円3,000円

※料金はすべて税別

例えば、docomoを使っていた人がMNPでSoftBankに乗り換えようとしたとき、docomoからMNP予約番号を発行してもらい、その番号をSoftBankに提示することで、電話番号そのままで乗り換えができますが、

  • docomoに2,000円
  • SoftBankに3,000円

合計5,000円の事務手数料を支払わなければいけないのです。

docomoから他のキャリアに乗り換えるのなら事務手数料は5,000円ですが、auやSoftBankから乗り換える場合はそれぞれに3,000円ずつ支払わなければならないので、MNPにかかる手数料は6,000円。

しかし機種変更ならどのキャリアでも3,000円で済みます。
手数料が安いのは、間違いなく機種変更です。

また、キャリアのスマホの契約は2年縛りとなっているため、更新月以外のタイミングでMNPをすると9,500円(税抜)の解約違約金が発生します。

スマホを紛失した・壊したなどの理由により、やむを得ず更新月以外にMNPをすると、15,000円前後のコストが発生し、大きな出費となります。

MNPのデメリットその2 MNPは手間がかかる

どんなことも、簡単でできるだけ迷わず、シンプルにできるのが一番です。
「新しいスマホに変えたいけれど、機種変更の手続きがちょっと面倒、新しいスマホにいろいろ設定するのも、実は面倒」
という人も多いでしょう。
そんな人にとって、MNPは手続きが多くて手間がかかる手続きです。

これまで使っていたキャリアに解約したいこと、MNPをしたいことを申し出てMNP予約番号を発行してもらわなくてはいけません。
解約についての諸注意事項を聞いたら、MNP予約番号を持って新たに加入したいキャリアへ行って番号を提示し、加入手続きを行います。新しい端末を選び、料金プランを選び、どんなオプション付けるかを選んで、身分証明書を提示して……、とやることがとても多いのです。

MNPのデメリットその3 解約を引き止める担当者の対応が面倒

MNPをしたことがある人が、一番面倒だと感じるのがこの部分ではないでしょうか。
スマホはもちろん、あらゆるサービスを退会するときはたいてい引き止められます。「引越しでやむを得ず」「もうサービスを全く使わないから」ということなら引き止める手も振りほどきやすいのですが、「会社を変えて似たようなサービスを使い続ける」となると、引き止める方も必死です。

「解約していでくれたら、機種変更で使える2万円割引チケットをあげます」という露骨な引き止めも行われ「じゃあ、機種変更でいいか」と思ってしまうことも。
何より必死に引き止められると、MNPをするだけなのにとてつもなく悪いことをしているような気分になってしまい、罪悪感があるのです。

そんな訳の分からない罪悪感に襲われるくらいなら、最初から機種変更だけにしておいた方が、気持ちがラク。

こう感じる人も少なくないでしょう。

MNPのデメリットその4 MNP後の加入手続きも面倒

高い手数料を払い、待ち時間と手間をものともせずMNP予約番号を無事に入手したら、次は乗り換え先での加入手続きが必要です。

この加入手続きも、身分証明書を提示し、月額料金の支払先の登録をするために銀行口座が分かるものやクレジットカードを用意して……と面倒があります。

さらに、さまざまなオプションへの加入を勧められるので、端末補償や迷惑電話ストップサービスなどの加入しておくと便利なオプションと、動画や音楽配信サービスなど、入らなくても困らないサービスを見極め「これとこれには加入するけど、これは入らない」という選択をしなくてはいけません。

選択して断ることができれば良いのですが、MNPでは端末代金が割引になったりキャッシュバックがもらたりというメリットがある代わりに、指定されたオプションへの加入が必須になっていることも珍しくありません。面倒だと感じる瞬間です。

MNPのデメリットその5 キャッシュバックをもらう条件が細かい

MNPで乗り換えると、多くの場合キャッシュバックがもらえる、端末代金が安くなるなどのメリットがあります。
しかしこれらのメリットは、ただMNPをするだけでは適用されません。
たとえば高額のキャッシュバックをもらうためには、こんな条件が付いていることがほとんどです。

  • 2台以上同時にMNPをしなければいけない(台数が増えれば増えるほどキャッシュバック額が増える)
  • アプリを10個インストールしなくてはいけない(もっと少ない又は多いことも)
  • 有料の動画配信サービスやWebコミックサービスなどに加入し、2か月間解約してはいけない
  • 初月のみ無料のサービスに加入する。1ヶ月後に解約しても良いが、もし解約し忘れると月額料金が発生する

条件を見るだけで「面倒そう、止めたい」と思ってしまいます。

また、キャッシュバックの金額が高額でも、たくさんの有料サービスへ加入しなくてはいけないため、かかるコストを計算すると、ほとんど手元に残らないというケースも少なくありません。

この点も含め、MNPには面倒が多いのです。

MNPのデメリットその6 すぐにMNPできないこともある

機種変更なら、自分の番が来るまで多少の待ち時間があっても対応が始まれば30分もかからずに手続きが完了します。

けれどMNPの場合、解約するキャリアからMNP番号を発行された後、必ずすぐ乗り換え先のキャリアでの利用が開始できるわけではありません。

もちろん、空いている時期ならすぐに加入できます。しかし12月や3月など、多くの人がスマホの解約や新規契約をするタイミングは、ショップはもちろん各キャリアの登録センターも非常に混雑するため

「MNPを申し込んで手続きも全部したのに、開通するのが明日になると言われた」

ということも珍しくありません。

「乗り換えた先のスマホがいつから使えるようになるのか分からない」

こんな状況も起こりえるのが、MNPなのです。

MNPのデメリットその7 キャッシュバックがもらえるのは数か月後

またキャッシュバックの話になって恐縮ですが、多くの人がこれらのデメリットを乗り越えてもMNPをするのは、キャッシュバックされる金額が大きくて魅力的だからという理由があります。

ところがキャッシュバックはすぐにもらえるわけではありません。多くの場合、MNPをした2か月~6か月後にキャッシュバックされます。しかも現金でキャッシュバックされるとは限らず、商品券が郵送されてくるケースもあります。

MNPをした時に、キャッシュバックの条件として加入した有料のオプションを早めに解約してしまうと、キャッシュバックが取り消されてしまう可能性もあります。きちんとキャッシュバックされているかという確認が必要です。

MNPのデメリットその8 メールアドレスが変わる

MNPをすると契約するキャリアが変わるため、キャリアから付与されていたメールアドレスが使えなくなります。

【例】

  • aaa@ @docomo.ne.jp
  • bbb@ezweb.ne.jp
  • ccc @softbank.ne.jp

これらのメールアドレスから、新たに加入するキャリアから付与されるメールアドレスに変わるため、上記に記したようなアドレスを使いメールのやり取りをしていた相手には、お知らせを送信してアドレス帳の登録を変えてもらわなくてはいけません。

昔はこの点が引っかかってなかなかMNPができないという人が多かったのですが、最近はLINEやFacebookなどのSNSや、Gmail、Yahoo!メールなどのフリーメール使う人が増えているため、それほど大きな問題にはならなくなってきました。

例えばLINEの場合、端末が変わりLINEのアプリを入れ直すことにはなりますが、IDとPWでログインすれば友達の情報はそのまま引き継げます。
また、Gmailは端末が違っても受信トレイの内容をそのまま参照でき、パソコン、タブレット、スマホと端末を超えて利用でき、とても便利です。
少し前は「フリーメールを仕事用で使うなんて非常識だ」と言われていましたが、Gmailに関しては優れたセキュリティが評価され(架空請求などの詐欺メールは自動的に迷惑メールBOXに入るほか、該当のメールを開くと警告が表示されます)プライベート、ビジネス、どちらでもGmailを使っているという人が珍しくありません。

メールに関してはキャリアのメールアドレスを使うよりも、フリーメールを使うメリットのほうが大きいため、これを機にフリーメールに移行したほうが、今後便利に利用していけるでしょう。

SNSサービスの登録メールアドレスは、先に確認しておこう

LINEやFacebook、InstagramなどのSNSでは、登録する際にメールアドレスを入力します。もしこの登録がキャリアのメールアドレスになっている場合、フリーメールのアドレスに変更しておきましょう。

というのも、万が一パスワードを忘れてしまったとき、メールで本人確認とパスワード再発行が行われます。登録メールアドレスが消えてしまったアドレスになっていると、パスワード再発行の手段が経たれてしまい、そのアカウントでの利用を諦めなくてはならなくなってしまうのです。

銀行や証券会社のWEBサービスの場合は書面で本人確認やパスワード再発行手続きができますが、SNSはウェブのみでしかやりとりできないケースが多いため、利用しているSNSの登録メールアドレスの確認と変更は必須です。

MNPのデメリットその9 ポイントが消滅する

キャリアでスマホや携帯を契約していると、利用金額に応じて毎月ポイントが付与されます。

  • docomo dポイント
  • au auポイント
  • Softbank ソフトバンクポイント(現在はTポイント)

これらのポイントは、新しい端末を購入する際の費用に充てられるため「次に機種変更をするときのために」とコツコツ貯めている人ばかりです。
しかしキャリアが変わるとこの貯めてきたポイントもすべて無効となって消滅してしまいます。

ただし例外があり、auポイントはau WALLETに変換でき、au WALLETはauを解約しても消えません。MNPを考える方はau WALLETに変えるのを忘れないようにしておきましょう。SoftBankでは、以前はソフトバンクポイントが付与されていましたが現在はTポイントに変わっています。Tポイントも1年間は消えませんので安心です。

ポイントは端末の購入補助だけでなく、スマホケースや画面保護フィルムなどのオプション品の購入にも使えます。MNPをする前にポイントを使い切るか交換する手続きが必要です。

MNPのデメリットその10 電話帳が移せない可能性がある

端末に入力されている電話帳ですが、キャリアのクラウドに保存して管理している場合、MNPでキャリアが変わるとダウンロードできずエラーになります。

電話帳は端末に記録されているように感じているかもしれませんが、端末を紛失しても大丈夫なようにキャリアのクラウドに管理されているケースがあります。

定期的に電話帳をmicroSDやパソコンに移してコピーを作成しておく必要があります。

それでもMNPにはメリットがある

ここまでMNPをすることのデメリットを挙げてきましたが、それでもMNPをする人は存在し、docomo、au、SoftBankはそれぞれのユーザーを奪い合っています。
そして新たなユーザー獲得のため、MNPでの加入者にはさまざまな特典を付け「MNPは面倒だけれど、乗り換えて良かった」と思ってもらえるよう、工夫しています。

MNPをする人がいなくならないというのは、通常10万円程度する端末代が2~3万円程度や場合によっては0円まで安くなることが多く、端末購入にかかるコストを大幅に軽減できるという大きなメリットがあるほか、有料のサービスに加入したとしてもキャッシュバックで得られる利益が大きい、月額の支払料金自体が安くなる割引があるなど、見逃せない点が多いためです。

MNPをすることで得られる特典の内容は、契約するショップや時期によって変わります。
MNPをするとどんなメリットがあるのか、一度ショップの店員さんに話を聞いてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■注意事項
【実質0円機種】とは、月々の分割支払金の合計額が通信料金からの割引(月月割)によって実質的に軽減し、その差額が0円となる機種を指します。解約/機種変更等で月月割が終了し、実質0円とならなくなるケースもございます。
【おとくケータイキャンペーン】は、日本企業開発支援株式会社運営の当サイト限定キャンペーンです。
【ソフトバンク公式キャンペーン/割引プラン】 に関しまして、詳細事項や最新情報は「ソフトバンク公式ホームページ」にてご確認ください。
■免責事項
当サイトの掲載内容には万全を期しておりますが、当サイトに関するすべての事項について、新規性、正確性、機能性、安全性等に関し、一切の保証をいたしかねます。
■SoftBankおよび ソフトバンク の名称、ロゴは日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。

プライバシーマーク制度
個人情報保護方針について
日本企業開発支援株式会社はプライバシーマークを取得しています。
トップへ戻る