お役立ち情報から普通のネタまでゆる~くお届け!おとくケータイ.netコラム

ソフトバンクへのMNPをネットでお得に手続きする方法

MNP

ソフトバンク

ネット

キャッシュバック

このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイル

「ソフトバンクへMNPで乗り換えたい」という場合、通常であればソフトバンクショップを利用する形になります。もちろん、ソフトバンクショップであればスタッフが全ての手続きを行ってくれますので、安心かつ簡単な方法というのは言うまでもありません。

しかしながら、昨今のスマートフォン普及により、使い方や手続きの方法がわからないという方も多く、店舗の混雑度が非常に高いのも事実なのです。このような事情から、「ネットでMNPできて、ソフトバンクへ乗り換えられたら良いのに…」と感じている方も多いのではないでしょうか。

実は、MNPに関わる手続きを全てネット上で簡単に行い、ソフトバンクへ乗り換える方法もあるのです。さらに、ネットでソフトバンクMNPを行うことにより、なんとショップでは受けられないキャッシュバックを受けられる方法も存在しています。この記事では、ネットでソフトバンクMNPを簡単かつ素早く行う方法について解説していきます。

ソフトバンクMNPをネットで行う方法
iPhone

「ソフトバンクMNPをネットで行いたい」という場合、

  • (1)ソフトバンクから他社へ乗り換える
  • (2)他社からソフトバンクへ乗り換える

という2つのケースがあるかと思います。それぞれ手順や目的が大きく異なりますので分けてご説明していきますね。ご自身に合った番号をご覧いただき、手続きを進めていきましょう。

(1)ソフトバンクから他社へ乗り換える

当記事では、「他社からソフトバンクへ乗り換える方法」を中心に触れていきますが、中にはソフトバンクから他社へ乗り換える方もいらっしゃるかと思います。まずは、ソフトバンクから他社へ乗り換える場合の大まかな手順に触れておきましょう。

<ソフトバンクから他社へMNPで乗り換える手順>

  • ソフトバンク「携帯電話番号ポータビリティー(MNP)お問い合わせ窓口」へ連絡を入れる
    ※番号:ソフトバンク携帯からは*5533、フリーコールは0800-100-5533
  • 解約時の注意事項説明を受ける
  • MNP予約番号が伝えられるのでメモしておく
  • メモしたMNP予約番号を持参し、転出先のキャリアで契約手続きを行う
  • MNPによる乗り換え完了

上記のような手順により、ソフトバンクから他社キャリアへMNPによる乗り換えを実施することができます。

ソフトバンクから他社へMNPで乗り換える際の注意点

ソフトバンクから他社へMNPで乗り換える際の注意点は、「MNP転出手数料がかかる」という点です。さらに、2年縛り等の条件で契約している場合、転出手数料に加えて「契約解除料」が発生します。この費用は契約プランによって異なりますが、3,000~10,000円程度と高額な場合もあります。

したがって、ソフトバンクから他社へ乗り換える際は、契約更新の対象期間中に検討するようにしましょう。ご自身の契約更新期間は、インターネット上の会員ページ「My SoftBank」から確認することができます。

(2)他社からソフトバンクへ乗り換える

他社からソフトバンクへ乗り換える場合の手続きを大まかにまとめると、下記のように進めていきます。

<他社からソフトバンクへ乗り換える場合の手続き手順>

  • 各キャリアでMNP予約番号を発行する
  • MNP予約番号を利用し、ソフトバンクで契約する
  • 契約完了後、MNPによる乗り換え完了

上記のように、MNPによるソフトバンク乗り換えは難易度が高いわけではありません。しかしながら、上記のような手続きの中で難関になりやすいのが「MNP予約番号の発行」なのです。

(3)ソフトバンクへのMNP乗り換えは「MNP予約番号の発行」がキモ

ソフトバンクへのMNP乗り換えを実施する上で、キモになるのが「MNP予約番号の発行」です。なぜキモになるのかというと、MNP予約番号はご自身で調べつつ取得しなければならないからです。しかしながら、「あまり携帯のことは詳しくないのでわからない…」という方でもポイントさえ押さえておけば、スムーズにMNP予約番号を発行することが可能です。

ここからは、各キャリアのMNP予約番号発行手順について、auとドコモのケースに分けて解説していきますね。

1.auのMNP予約番号発行方法
モバイル

auのMNP予約番号発行方法は、

  • 電話
  • インターネット(EZweb)
  • 店頭窓口

の3通りです。上記のうち、1番便利な方法をあげると「電話」を利用する方法です。ただし、それぞれの方法にメリット、デメリットがありますので、それぞれ解説していきますね。

1.電話

電話でMNP予約番号を発行する方法です。その場でMNP予約番号を発行することができますので、特別な手間が少ないのがメリットですね。auのMNP予約番号発行手続きは、9:00~20:00に「0077-75470」へ連絡を入れることで完了します。

ただしデメリットとして、MNP予約番号発行手続きの際には、重要事項の説明が同時に行われます。つまり、手続き自体に少し時間を要するということですね。また、MNP予約番号手続きの窓口の電話回線は混雑している場合が多いので、時間に余裕を持って行う必要があります。

2.インターネット(EZweb)

auでは、「EZweb」というインターネット上の会員サービスを使ってMNP予約番号を発行することも可能です。手順としては、

  • My auへアクセスする
  • 「申し込む/変更する」ボタンをクリック
  • au携帯電話番号ポータビリティー(MNP)を選択

という3つのステップで手続きを完了することができます。インターネットで手続きを行うメリットは、やはり「好きな時に手続きを進められる」という点ですね。電話や店頭窓口では、周囲の人に気を使う場面もあるかと思いますが、インターネットであれば、ご自身の好きな時に手続きを進めることができます。EZwebからのMNP予約番号発行受付は、9:00~21:30までとなっています。

対して、インターネットで手続きを進める上でのデメリットとして、「その場で不明点を質問しにくい」という点がありますね。インターネット上で手続きを進める際は、基本的にご自身で全ての手続きを進めていく形になりますから、不明点が生じた場合でも、その場で気軽に質問することはできません。この点は、手続きを進める上での大きなデメリットだといえますね。

3.店頭窓口

auショップの店頭窓口でも、MNP予約番号を発行することは可能です。手続きを行う際は、

  • 契約中の携帯端末
  • 本人確認書類

の2つを持参してください。MNP予約番号はその場で取得することができます。

auショップでMNP予約番号を発行するメリットとしては、やはり「スタッフに任せられる安心感」でしょう。スタッフがその都度丁寧に説明を行ってくれますので、不安をその場で解消することができます。

対してデメリットとしては、「待ち時間が発生する可能性が高い」という点ですね。auショップは、昨今のスマホ普及により、平日でも混雑している店舗が非常に多いです。したがって、MNP予約番号を発行する際にも順番待ちをする必要があるため、お急ぎの方には少し不向きな方法だといえるでしょう。

安心かつ簡単に利用できるのは、「電話」での手続き

auのMNP予約番号発行方法は3通りですが、それぞれのメリット・デメリットを踏まえると、電話での手続きが最も簡単だといえるでしょう。電話であれば用意するモノもありませんし、店舗へ行く手間もありません。加えて店舗での待ち時間のように長い時間待たされることもないので、手続きに伴うストレスも少ないでしょう。

「これからauからソフトバンクへのMNPを検討している」という場合は、できる限り電話で手続きを行うようにしましょう。

2.ドコモのMNP予約番号発行方法
モバイル

auと並ぶ大手キャリアのドコモでMNP予約番号を発行する方法は、

  • 電話
  • インターネット(My docomo)
  • 店頭窓口(ドコモショップ)

の3通りですね。それぞれの方法にメリット・デメリットがありますので、分けてご説明していきますね。

1電話

ドコモ携帯から151、一般電話から0120-800-800へ連絡すると、「ドコモインフォメーションセンター」へ繋がります。MNP予約番号発行の窓口がありますので、そちらの番号を選択しましょう。手続きに必要なものは特になく、電話のみでMNP予約番号を発行することができます。

電話でドコモのMNP予約番号を発行するメリットは、やはり「手間の少なさ」ですね。電話でMNP予約番号発行の手続きを行えば、店頭での待ち時間を避けつつご自身の好きな時間に番号を取得することができます。デメリットとしては、「混雑する時間帯がある」という点ですね。ドコモのMNP予約番号発行電話窓口は9:00~20:00まで受付していますが、土日祝日は回線が混み合いがちです。場合によっては、電話が繋がるまで長い待ち時間が発生してしまう可能性もあります。このような点は、電話でMNP予約番号を発行する際のデメリットでしょう。

2.インターネット(My docomo)

ドコモでは、「My docomo」というインターネット上の会員ページからMNP予約番号を発行することも可能です。手順としては、

  • 「My docomo」にログインする
  • 「ドコモオンライン手続き」へ進む
  • MNP予約番号を発行する

という3つのステップになっています。My docomoからMNP予約番号を発行するメリットは、「いつでもどこでもご自身のタイミングで利用できる」という点でしょう。My docomoでのMNP予約番号発行可能時間は、9:00~21:30になっています。この時間帯の範囲内であれば、ご自身の好きなタイミングでMNP予約番号を発行することができます。このような「気軽さ」は、他の方法にはない大きなメリットでしょう。

対して、My docomoでMNP予約番号を発行するデメリットは、「手続きを全て自分で進める必要がある」という点ですね。My docomoでの手続きは、基本的に全ての操作を自身で行います。普段からインターネットに触れている方であればさほど難しい手続きではありませんが、不慣れな方にとっては、やはり不安に感じてしまう可能性があります。しかしながら、不安に感じてしまった場合、結局電話等の手段で問い合わせを行う必要が出てきてしまうので、このような点はMy docomoを利用する方法の大きなデメリットだといえますね。

3.店頭窓口(ドコモショップ)

街中のドコモショップでも、MNP予約番号を発行することができます。必要な持参物としては、

  • 契約中の携帯電話
  • 本人を確認することのできる書類

の2点です。店頭窓口でMNP予約番号を発行するメリットは、「スタッフに頼めるので不安がない」という点に尽きます。MNP予約番号の手続きは、他社への乗り換えを行う際にしか経験することはありません。したがって、多くの方が不安に感じてしまうのも当然といえば当然なのです。つまり、ドコモショップでMNP予約番号の取得をスタッフに頼むことで手続きを不安なく進められる上に、不明点をその場で解決することができるということですね。このような点は、店頭窓口でMNP予約番号発行手続きを進める大きなメリットですね。

対して、店頭窓口でドコモのMNP予約番号を発行する方法のデメリットは、「待ち時間が発生する可能性がある」という点ですね。ドコモショップもauショップと同じく、平日の日中でも混雑している場合が多いです。 したがって本来であれば、さほど時間のかからないMNP予約番号発行手続きのためだけに、長い時間待たなければならない可能性もあるということです。この点は、店頭窓口でドコモのMNP予約番号を発行する大きなデメリットでしょう。

ドコモのMNP予約番号発行手続きは、「電話」がスムーズ

「電話」「My docomo」「店頭窓口(ドコモショップ)」という3通りのMNP予約番号発行方法をそれぞれ触れてきましたが、多くの方におすすめできるのは「電話」での手続きですね。電話であればその場で不明点を質問することもできますし、手続きもスタッフが進めてくれるので、手間としても少ないです。唯一、電話回線混雑による待ち時間の発生という懸念点はありますが、時間に余裕をもって電話をかければ大きな障害にはならないでしょう。「これからドコモからソフトバンクへ乗り換える」という場合は、電話でMNP予約番号を発行するようにしましょう。

ネットでソフトバンクMNP乗り換え手続きを行い、お得にキャッシュバックを受ける方法
キャッシュバック

ここまで各キャリアのMNP予約番号発行手続きについて触れてきましたが、重要なのはその番号を取得した後の手続きです。通常であれば、その番号をソフトバンクショップへ持参して新規契約を行いますが、実はある方法を使うことで、非常にお得なキャッシュバックを受けることができるのです。

ソフトバンクMNPでキャッシュバックを受けたいなら「おとくケータイ.net」を利用しよう

ソフトバンクMNPでキャッシュバックを受けられる方法とは、当サイト「おとくケータイ.net」を利用する方法です。おとくケータイ.netとは、インターネット上でソフトバンク機販売を行っている、いわば「ケータイのオンラインショップ」です。おとくケータイ.netはれっきとしたソフトバンク正規取扱店になっており、顧客満足度においても利用者から非常に高い評価を得ています。

ではなぜおとくケータイ.netを利用することで、キャッシュバックを受けられるのでしょうか。

店舗を持たないことで経費を最小限に抑えている

おとくケータイ.netは、池袋にある本店をのぞき、実店舗を運営していません。つまり、携帯の購入から契約まで全ての手続きをインターネット上で行っているということです。通常のソフトバンクショップであれば、店舗の家賃やスタッフの人件費や電気代等、ありとあらゆる経費が必要になりますが、おとくケータイ.netにはそのような経費がありません。

このように、事業の効率化によって生じた利益を、私達消費者に対してキャッシュバックという形で還元してもらえるのです。このようなメリットは、街中のソフトバンクショップにはない大きなメリットだといえますね!

おとくケータイ.netでソフトバンクへ乗り換える流れ

おとくケータイ.netでの手続きは、基本的にインターネット+メールまたは電話という方法で進めていきます。おとくケータイ.netでソフトバンクへ乗り換える大まかな流れは、下記のとおりです。

<おとくケータイ.netでソフトバンクへ乗り換える流れ>

  • おとくケータイ.netの公式ホームページへアクセスする
  • おとくケータイ.net公式ホームページ内上部、「相談・見積もり」から問い合わせを行う
  • 購入希望機種やプランを提示する
  • おとくケータイ.netからキャッシュバック等のプランが送られてくるので、同意であれば手続きを進める
  • おとくケータイ会員への登録
  • 送られてきたメール内のURLから情報入力のページへアクセスし、MNP予約番号等の必要事項を入力する
  • ソフトバンクからメールが送られてくるので、内容に問題がなければ決済情報を入力する
  • 本人確認書類等の必要書類をアップロードする
  • 携帯購入の審査後、端末が送られてくる

このように、おとくケータイ.netでの乗り換えは9つのステップで完了することができます。手続きの内容としては非常にシンプルですので、未経験の方でも安心して利用しやすいと思います。加えて、おとくケータイ.netを利用すれば、実店舗では受けられないキャッシュバックも受けることができます。このキャッシュバックは非常に魅力的な内容になっていますので、乗り換えを検討中の方は一度問い合わせを行ってみましょう。

まとめ

ソフトバンクへのMNPは、ネットでスムーズに手続きを進めることも可能です。加えて、おとくケータイ.netを活用すれば、思いもよらぬキャッシュバックを受けることもできますから、「これからソフトバンクへ乗り換えよう」という方は、記事内で触れた方法を参考にしつつお得な手続きを実践してみてくださいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加

■注意事項
【実質0円機種】とは、月々の分割支払金の合計額が通信料金からの割引(月月割)によって実質的に軽減し、その差額が0円となる機種を指します。解約/機種変更等で月月割が終了し、実質0円とならなくなるケースもございます。
【おとくケータイ.net キャンペーン】は、日本企業開発支援株式会社運営の当サイト限定キャンペーンです。
【ソフトバンクモバイル公式キャンペーン/割引プラン】 に関しまして、詳細事項や最新情報は「ソフトバンク公式ホームページ」にてご確認ください。
■免責事項
当サイトの掲載内容には万全を期しておりますが、当サイトに関するすべての事項について、新規性、正確性、機能性、安全性等に関し、一切の保証をいたしかねます。
■SoftBankおよび ソフトバンク の名称、ロゴは日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。

プライバシーマーク制度
個人情報保護方針について
日本企業開発支援株式会社はプライバシーマークを取得しています。
トップへ戻る
ブログ