このキャンペーンは終了しました

1GBは月480円から!3GBまでの3段階ソフトバンク新料金プラン、おてがるプラン登場!受付期間は2018年6月29日から。おてがるプランの疑問もじっくり解説します!

※このページの情報は2018年7月30日時点の情報です。

ソフトバンクの新料金プラン「おてがるプラン」って?

2018年6月29日からソフトバンクの新料金プラン「おてがるプラン」が開始されます!
このプランはauの「ピタットプラン」やdocomoの「ベーシックパック」のような段階制のプランで、

  • ・使わないときは安く
  • ・使った時は速度制限を気にしない

といった、柔軟な料金プランになっています。

また、おてがるプランは機種が限定されており、「iPhone SE」「Android One S3」、「DIGNO J」「HUAWEI nova lite 2」「シンプルスマホ4」、さらに追加された「Xperia XZ1」「HTC U11」7種類がラインナップされています。(※2018年7月30日時点)

  • ・実際「おてがるプラン」がどれくらいお得なのか?
  • ・自分が使うと月額料金が下がるの?
  • ・何か料金に落とし穴はないの?

などなど、気になるけれど具体的にはよくわからないことも多いはずです。適用条件や実際に安く使う方法など、このページでしっかり確認していきましょう!

①おてがるプラン、どういう人が使いやすいの?

この料金プランは3段階に分かれておりその幅が1GB~3GBということもあって、おてがるプランを使ってお得になる人は以下のタイプになります。

  • 初めてスマホを使う方
  • 自分のデータ通信量が
    分からない方
  • SNSやネットの利用が
    メインの方

のちほど解説しますが、おてがるプランがピッタリくる方はこの3パターンの方々になります。

逆におてがるプランに向いてないのはこんな方

  • スマホのアプリを
    がっつり使う方
  • よくスマホで動画を
    観る方
  • 高性能なスマホが
    欲しい方※

おてがるプランの機種のラインナップや、データ定額の容量が少ないことを考えると、上記のような方は、今回のプランには向いていない可能性が高いです。

※機種はこれから追加される可能性があります。

向いてないけどおてがるプランを使って安くしたい!方へ。1GBで使いこなす方法はこちら(このページ下部に飛びます)

②おてがるプランってどれくらいの料金?割引は?

おてがるプラン図解

auの「ピタットプラン」やdocomoの「ベーシックパック」のように、ある一定の量まで達したら、自動的に次の料金プランになるイメージです。ただし、他社のプランと違って、ソフトバンクのおてがるプランは上限(速度制限がかかるライン)が3GBまでになっています。

ソフトバンクの「おてがるプラン」ではおてがるプラン専用の割引が付いており、1GBならおてがるプラン基本料が480円(※)で使えます!

※すでにスマホをご利用の方がおてがるプランにした場合は、2年目以降1,000円プラスされます。

おてがるプラン料金イメージ※税抜表示です

初めてスマホをご利用になる方の場合※1

データ使用量
~1GB~2GB~3GB※2
スマ放題ライト※3 2,000円
データ定額
(おてがるプラン専用)
※4
480円 1,480円 2,480円
おうち割光セット※5 -500円
合計 1,980円 2,980円 3,980円

すでにスマホをご利用の方の場合

データ使用量
~1GB~2GB~3GB※2
スマ放題ライト※3 2,000円
データ定額
(おてがるプラン専用)
※4
(2年目以降)
480円
(1,480円)
1,480円
(2,480円)
2,480円
(3,480円)
おうち割光セット※5 -500円
合計
(2年目以降)
1,980円
(2,980円)
2,980円
(3,980円)
3,980円
(4,980円)
  • ※1 ケータイ(“ワイモバイル”や他社含む)から機種変更やMNPで対象機種を購入したお客さまや、6~18歳のお客さまで新規契約(MNPを除く)で対象機種を購入した方が対象です。
  • ※2 データ使用量が3GBを超過した場合、通信速度を最大128kbpsに制限します。通信速度制限の解除は1GBごとに1,000円がかかります。
  • ※3 「スマ放題ライト」は2年契約加入時の「通話定額ライト基本料」(1,700円)と「ウェブ使用料」(300円)の料金です。2年契約は2年単位での契約となります(自動更新)。更新月(契約期間満了の翌請求月と翌々請求月)以外の解約などには契約解除料として9,500円がかかります。
  • ※4 「おてがるプラン専用割引」(月額1,000円割引)適用時の金額です。初めてスマホをご利用になるお客さまは、次の機種変更まで割引が適用されます。すでにスマホをご利用になっているお客さまはご加入から1年間、割引が適用されます。
  • ※5 「おうち割 光セット」は指定の固定通信サービスとセットで利用することで携帯電話の利用料金が割引となるサービスです。別途固定通信サービスの利用料金が必要となります。

スマホの利用歴で割引期間が変わります!

  • 初めてスマホを使う方
    ※新規の場合、ご利用されるお客さまの年齢が6歳以上18歳以下であること。
    次の機種変更までずっと1,000円割引!
    1GBなら機種変更までずっと480円!(税抜)
  • 既にスマホを使っている方 1年間1,000円割引! 1GBなら1年間480円!(税抜)

③おてがるプランを使うべき?データ定額ミニ1GBを使うべき?

1GBであればおてがるプランを使ったほうが安く済みます。

「どれくらい使うか分からないけど、速度制限かかったら解除すればいいんだし、とりあえず最初の「データ定額ミニ1GB」にしておこう…」というのはちょっと損をしてしまいます。

  • おてがるプランであれば0~1GBが480円(税抜)※
  • データ定額ミニ 1GBであれば2,900円(税抜)
※すでにスマホをご利用の方がおてがるプランにした場合は、2年目以降1,000円プラスされます。

現在このような料金設定になっているので、おてがるプランのほうがデータ定額ミニ1GBよりも安く使うことができます。

速度制限を解除すると…

もしもデータ定額ミニ 1GBでデータ量超過(使いすぎて速度制限)された場合、1,000円払うことで速度制限を解除することができますが、そうすると更におてがるプランにしておいた方が良かった…ということになりかねません。

  • おてがるプランであれば1~2GBが1,480円(税抜)※
  • データ定額ミニ 1GBであれば2,900円(税抜)+解除料1,000円

おてがるプランであれば、使いすぎて1GBをオーバーしても2GBで抑えられれば1,480円(税抜)※で済むので、データ定額ミニ1GBで足りるかどうかわからない…という方はおてがるプランで様子を見る、というのも選択肢のひとつです!

3GBで自動的にストップ!万が一の使い過ぎにも安心?

万が一3GBをオーバーするようなことがあっても、そこで一旦速度制限がかかるので最悪おてがるプランの料金が2,480円でストップします

(たとえばauのピタットプランは3GBの次が5GBなので、自動的に5GBの料金になります。)

もちろんデータ定額だけの話なので、ここに基本料金や機種代金が入ります。データ定額の料金だけみていると危険なデメリットもあるので、のちほどこちらでご紹介します。(ページ下部へジャンプします)

※すでにスマホをご利用の方がおてがるプランにした場合は、2年目以降1,000円プラスされます。

④おてがるプランの対象機種はどれを選んだらいい?

快適なスマホライフの重要な要素である機種選びは悩ましいところです。初めてスマホを使う方にとっては、スマートフォンはどれも似たり寄ったりに見えるかもしれません。

スマートフォンを選ぶ際は、自分がどう使いたいか、どのような機能が欲しいかで選んでみてはいかがでしょうか?

おてがるプラン対象機種(2018年7月30日時点)

  • おてがるプラン対象iPhone SE
    iPhone SE
  • おてがるプラン対象Android One S3
    Android One S3
  • おてがるプラン対象Digno J
    Digno J
  • おてがるプラン対象HUAWEI nova lite 2
    HUAWEI nova lite 2
  • おてがるプラン対象シンプルスマホ4
    シンプルスマホ4
  • おてがるプラン対象Xperia XZ1
    Xperia XZ1
  • おてがるプラン対象HTC U11
    HTC U11
iPhone SE(Apple製 2016年)

例えば「iPhoneシリーズを使いたい!」という方なら間違いなくiPhone SE(32GB/128GB)です。

エントリーモデル扱いといえど、ゲームや音楽も問題なくプレイしたいという方にオススメです。また、Apple IDを作っておけば、今後もiPhoneシリーズを使う際にもデータが同期出来るなど、使いやすさがアップします。

おてがるプラン対象iPhone SE
Android One S3(シャープ製 2018年)

逆にGoogle製品をいち早く試したり、防水・防塵・耐衝撃もしっかり付けておきたい!という方にはAndroid One S3がおすすめです。

また、シャープの液晶「IGZO」を搭載しており、色鮮やかで省エネ・高精細が楽しめます。

おてがるプラン対象Android One S3
DIGNO J(京セラ製 2018年予定)

今後発売予定のDignoシリーズは、耐画面割れ・耐衝撃・防水防塵といった、アウトドアなどで思わず激しく使っても安心な性能になっています。

スマホは高価で壊すのが心配…という方にはこちらがおすすめです。

おてがるプラン対象Digno J
Xperia XZ1(ソニー製 2017年)

Xperia XZ1はXperiaシリーズのフラッグシップモデルです。

被写体の「動き」を検知する高画質なカメラや、ソニーこだわりの高品質なオーディオ、3Dモデルが作れる機能などなど…エンタメを楽しむハイスペックなスマートフォンです!

おてがるプラン対象Xperia XZ1

今後も色んな機種が追加されていくことが予想されますので、今は特に欲しい機種がない…という方も定期的におてがるプランをチェックしてみてください。

⑤おてがるプランの適用条件は?

おてがるプランを適用する条件ですが、
「対象機種の購入を伴う新規契約または機種変更と同時にスマ放題、スマ放題ライトのいずれかと、データ定額(おてがるプラン専用)にご加入いただくこと。」となっています。

機種変更でもお乗り換え(MNP)でも新規契約でもおてがるプランを使うことができますが、「スマホを使うのは初めてかどうか」で割引の期間が変わるので注意が必要です。(スマホを初めて使う方以外は、2年目以降おてがるプラン専用データ定額に1,000円プラスされます)

また、おてがるプラン指定の機種を購入する必要があるのも気を付けるポイントです。

※新規の場合、ご利用されるお客さまの年齢が6歳以上18歳以下であること。

⑥おてがるプランで気を付けるべきことは?

スマホユーザーのための節約プラン!というふれこみの「おてがるプラン」ですが、ただ安いだけではないので注意が必要です。

まずは確認していきましょう!

おてがるプランのデメリット

  • ①指定された機種しか選べないこと。

    現在は6機種対象なので、選択肢は少なめ。「絶対にこの機種がいい!」という方にはオススメできません。
    また、高性能寄りのスマホがラインナップにないため、そういったものを使いたい方にもオススメできません。(※2018年6月15日時点)

    おてがるプラン対象機種にXperia XZ1とHTC U11が追加されました!(※2018年7月30日時点)

    どちらも高性能なスマホなので、カメラ性能や音質といった点でエントリーモデルでは物足りない!という方にも選びやすい機種が揃いました。

  • ②月月割が付かないこと。

    機種を買うときの大きな注意点なのですが、おてがるプランを利用すると「月月割」という割引がつきません。
    これは新しくソフトバンクのスマホを買う時の割引で、新しい機種を購入しやすくなるような割引が機種ごとに設定されています。機種の料金がそのまま反映されるので、機種によっては高く感じることがあります。

  • ③既にスマホデビュー割(1GB)を使っている方、データ定額ミニ2GBで月月割を使っている方は損をする可能性があること。

    機種を買うときの大きな注意点なのですが、おてがるプランを利用すると「月月割」という割引がつきません。
    これは新しくソフトバンクのスマホを買う時の割引で、新しい機種を購入しやすくなるような割引が機種ごとに設定されています。機種の料金がそのまま反映されるので、機種によっては高く感じることがあります。

実は「半額サポート」「機種変更先取りプログラム」と合わない?

月月割がつかない代わりに、おてがるプランでは「半額サポート for iPhone」、「半額サポート forAndroid」、「機種変更先取りプログラム」で機種代金の負担を軽くすることができます。

詳細は省かせていただきますが、

  • ・機種代金の支払いを48回分割に出来る(毎月の負担が軽くなる)
  • ・25ヶ月目以降に機種変更した場合、機種代金の残額を払わなくてよい

というキャンペーンになっています。その他様々な条件があるものの、その人個人の状況や使い方によっては機種代金がお得になるキャンペーンなのですが、実は「おてがるプラン」とは少し相性が悪いです。

「おてがるプラン」では、「スマホを初めて使う方は機種変更までずっと1,000円割引」が付いていますが、上記のキャンペーンでは25ヶ月目以降に機種変更しないといけません。

半額サポートや機種変更先取りプログラムで機種代金を安くしようとすると25ヶ月目で機種変更をすることになるのですが、そうすると「スマホを初めて使う人のおてがるプラン」の強みである「機種変更まで1,000円割引」が約2年で終了することになってしまいます。

また、このキャンペーンを使った場合、「今まで使っていたスマホの回収」や「再度キャンペーンに加入すること」など自由にできない条件が多いので、初めてスマホを使う方には使いこなすのが難しいかもしれません。

「とにかく機種代金を安くしたいから!」ということで上記のキャンペーンを使ってしまうと、思わぬ損をしてしまう可能性もあるので、使う前によく確認する必要があります。

⑦つまりおてがるプランで月額料金どれくらいになるの?

おてがるプランの特長・メリットについて確認してきましたが、実際に使うとなると気になるのが「月額料金がいくらになるのかな?」という点かと思います。

おてがるプランの料金例を確認して、ご自身が使っているプランと比べてみてください。

おてがるプラン料金例

おてがるプラン対象iPhone SE
iPhone SE(32GB)の場合
機種代金
2,700円(24回払い)
スマ放題ライト
1,836円
ウェブ使用料
324円
おてがるプラン(1GB)
518円(税抜480円)※
合計
5,378円/月
おてがるプラン対象Android One S3
Android One S3の場合
機種代金
1,280円(24回払い)
スマ放題ライト
1,836円
ウェブ使用料
324円
おてがるプラン(1GB)
518円(税抜480円)※
合計
3,958円/月
※税込表示です
※おてがるプラン専用割引(月額1,000円割引)適用時の金額です。はじめてスマホをご利用になるお客さまは、次の機種変更まで割引が適用されます。すでにスマホをご利用になっているお客さまはご加入から1年間、割引が適用されます。

料金例ですが、おおよそこのような形になります。
確認してみて、「おてがるって言ってるのに、高いかな?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。
この原因は前述のデメリットにあった、「おてがるプランに月月割がつかない」せいです。

「おてがるプラン」がいまいちお得になりきれてないのは、割引のない機種代金が掛かってしまうため。

機種代金の負担を軽くするなら以下の方法があります。

おとくケータイ.netのキャッシュバックでおてがるプランを攻略する!

おとくケータイ.netの独自キャンペーンでおてがるプランをもっとお得に!

「長い分割払いはめんどくさい…後腐れなく今のうちに料金を下げておきたい!」という方に、「おとくケータイ.netのキャッシュバック」がオススメです。

「おてがるプラン」のデータ定額ミニ1GBが安い!おてがるプランにした方がお得!と思っていても、機種代金を月月割でサポートできないとなると、月額料金にしてみるとあまりお得感を感じないのが現状です。おてがるプランへの変更に機種の購入が必要なのに、これではプランの切り替えを足踏みしてしまいます。

月月割が使えない分をカバーするなら「おとくケータイ.netのキャッシュバック」がオススメ!

普通にお乗り換え(MNP)するだけでは機種代金の負担が重い月額料金になってしまいますが、おとくケータイ.netのキャッシュバックを貰えば、おてがるプランの弱点だった「機種代金」の悩みを解消することも可能です。

2018年発売のAndroid One S3などは安めの月額料金で使うことができれば、おサイフにも家計にも優しくなるはずです。

キャッシュバックは時期や機種などによって、内容が変化しますのでいつもこの価格!というわけにはいかないのですが、実際にどういう料金プランが可能なの?というお悩みはぜひご相談ください!

おとくなキャッシュバックや料金見積もりはこちらから

お申し込み・お問い合わせフォーム(簡単入力60秒。24時間受付中!)

⑧スマホユーザーだって安くしたい!おてがるプランを上手に使いこなす方法は?

おてがるプランお得の秘訣は「1GB」にあり

様々な点からおてがるプランをチェックしてきましたが、つまり「機種代金をカバーしつつ、データ通信量を1GBで抑えればお得になる」ということになります。※スマホデビュー割を1GBで使っている方は除きます。

「おてがるプランは、あまりスマホを使わないガラケーユーザー」の方が一番使いやすいプランだと思いますが、「ガラケーユーザー」だけが使うべき!というわけではありません。

あまりスマホを使わない=データ通信量を1GBで抑えることが出来る、ということなので「データ通信量を1GBで収まるようにする」ことができれば、どなたでもおてがるプランで月額料金を安くすることができます。

それでは1GBでスマホを使う方法を見てみましょう!

1GBでスマホを使うための行動

  • ①モバイルデータ通信でゲーム・動画をプレイしない。

    ゲーム、動画といった多く通信をするリッチなアプリを使うと データ通信量が多くなってしまうため、Wi-Fiがない環境で使わないようにしていきます。

  • ②外出先では機内モードにする。

    ①ではアプリを使わないようにしていましたが、さらに無駄な通信を省くため、スマホに搭載されている「機内モード」を使用します。

    この機能によりモバイルデータ通信やWi-Fiなどの通信を一括でOFFにすることができます。実は機内モードを使いつつWi-FiもONに出来たりするので意外と便利です。スマホアプリがデータの更新などで自動で行う通信もOFFにするため、バッテリー消費の節約にもなります。

  • ③自宅ではWi-Fiを使う。

    「ギガモンスター」や「ウルトラギガモンスター」のプランに加入していない方なら節約のためにこの項目を実践している方も多いのではないでしょうか。自宅にWi-Fiがある場合は、そのWi-Fiを使う事でゲームや動画といったデータ通信量の多いアプリも安心して使うことができます。

    ただ、全員が自宅にWi-Fiを備えている訳ではないのですぐには実践できないのがつらいポイントです。アプリの大切な更新もデータが大きい場合が多いので、快適なネット環境を使いたい!という方はWi-Fiの設置を検討してみてはいかがでしょうか?

フリーWi-Fiを使えばいい?

自宅にWi-Fiを設置しなくても、カフェやレストラン、主要な駅などにソフトバンクのWi-Fiスポットがあるため、そこであればWi-Fiを使うことが出来るようになっています。

最近はソフトバンクやau・docomo以外でもコンビニやカフェなど公共の場で自由に使えるWi-Fiスポットが提供されており、いつでもどこでもWi-Fi通信が可能になっている状態です。

とても便利でありがたい存在ですが、中にはフリーWi-Fiが暗号化されていない状態の場合もあり、そのようなWi-Fiスポットは不正アクセスの被害に遭う可能性もあります。

「便利だから」といって情報漏えいに繋がるような行動は避けたほうがよいでしょう。(クレジットカード情報を入力する等)

また、Wi-Fi通信を安心・安全に使うためにWi-Fiセキュリティアプリをスマホに入れる等の自衛が必要です。

Wi-Fiがカギ!「おうち割光」なら携帯代がずっと(※)500円割引

家のインターネット回線をソフトバンク光もしくはソフトバンクAirにすることで、おてがるプランの料金がずっと500円割引になります。

自宅にWi-Fiがある場合は必要がないかもしれませんが、もし自宅にWi-Fiがなく、1GBで過ごすのが厳しい方には、ソフトバンクのインターネット回線を用意するというのも選択肢に入るかもしれません。

それぞれに特徴があるので、自宅の環境に合わせてチェックしてみましょう!

  • 速度重視!ソフトバンク光
    • ・場合によっては工事の必要あり
    • ・インターネット回線が速いのでゲームや動画がサクサク使える
    ※お客様のご利用環境や回線状況によります。
  • 手軽さ重視!ソフトバンクAir
    • ・工事の必要なし
    • ・コンセントに指すだけで使える簡単さ

ご自身の契約状況やスマホの使い方、家の状況によって最適な方法が変わるので、必ずしも導入しないとお得にならない! 1GBに抑えられない!というわけではありません。

ご家庭のインターネット回線をソフトバンクにしなくても「おてがるプラン」は使えるので、「インターネット環境をまとめたい」、「どうせならもっと割り引きたい」という方は、ソフトバンク光やソフトバンクAirも選択肢に入るのではないでしょうか?

※3年目以降の割引の有無は対象固定通信サービスにより異なります。

⑨まとめ

2018年6月29日から始まった新料金プラン「おてがるプラン」について解説しました。

低容量の段階制プランということもあり難しい部分もありますが、まとめると以下の方はおてがるプランを検討してみても良いかと思います。

  • 初めてスマホを使う方
  • 自分のデータ通信量が
    分からない方
  • SNSやネットの利用が
    メインの方

現時点では機種もまだ少ないので使い方にコツがいりそうな印象ですが、データ使用量が限りなく少ない方にはぴったりのプランといえそうです。

この安さは他のキャリア・格安スマホにも引けを取らない価格帯です。

「おてがるプランを使いたいけど機種代金が高くて…」という方は、ぜひおとくケータイ.netにご相談ください!

キャリアの格安級プランをガッツリ使いこなして、料金も速度も快適なスマホライフをゲットしましょう!

他にもお得な公式キャンペーン実施中!

おうち割!ご自宅のネット回線をソフトバンク光(または指定の固定通信サービス)にするとご利用中の端末がご利用料金から2年間、毎月最大2,000円割引になります!
ご自宅のネット回線をソフトバンク光(または指定の固定通信サービス)にするとご利用中の端末がご利用料金から2年間、ずーっと、毎月最大1,080円割引になります!

お問い合わせ・お申し込み先

まずはお問い合わせください
なるほどなっとく!
お客様満足度No1
簡単入力60秒 お問い合わせフォーム

■注意事項
【実質0円機種】とは、月々の分割支払金の合計額が通信料金からの割引(月月割)によって実質的に軽減し、その差額が0円となる機種を指します。解約/機種変更等で月月割が終了し、実質0円とならなくなるケースもございます。
【おとくケータイ.net キャンペーン】は、日本企業開発支援株式会社運営の当サイト限定キャンペーンです。
【ソフトバンクモバイル公式キャンペーン/割引プラン】 に関しまして、詳細事項や最新情報は「ソフトバンク公式ホームページ」にてご確認ください。
■免責事項
当サイトの掲載内容には万全を期しておりますが、当サイトに関するすべての事項について、新規性、正確性、機能性、安全性等に関し、一切の保証をいたしかねます。
■SoftBankおよび ソフトバンク の名称、ロゴは日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。

プライバシーマーク制度
個人情報保護方針について
日本企業開発支援株式会社はプライバシーマークを取得しています。
トップへ戻る